サンドブラストを最初に日本で始めた方は誰? コメントが来ました

ここでは、サンドブラストを最初に日本で始めた方は誰? コメントが来ました に関する記事を掲載しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンドブラストを最初に日本で始めた方は誰?

コメントが来ました。

加ト茶さんからです。

天保五年(1834) 江戸・大伝馬町のビードロ職人加賀屋久兵衛が砂でガラスに模様を彫る(ブラストではなく切子細工のための摺り付けと思われる)
1870年 ティルマンがアメリカなどで最初のサンドブラスト特許取得
1873年 ウィーンでティルマン式サンドブラスト装置の実演
明治中頃 東京高等工業学校(現在の東京工業大学)窯業科にサンドブラスト装置が輸入され実習が始まる
明治30年代 大阪工業学校(現在の大阪大学)窯業科実習工場に輸入
明治40年頃 旭硝子尼崎工場に輸入
大正2年 橘硝子製造所でサンドブラストを用いる
大正3年 長崎の川添甚三郎、国産サンドブラスト装置を開発、特許取得
………日本で「誰」が最初か、は知りませんけれども、この流れからみると、東京高等工業学校窯業科の先生、かな?

・この記事によりますと東京高等工業学校窯業科の先生が
 最初みたいですね。
 だんだん判って来ました。

加ト茶さん。ありがとうございます。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanndo.blog21.fc2.com/tb.php/126-3a809446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。