粉塵Ⅱ(ダイオキシン)

ここでは、粉塵Ⅱ(ダイオキシン) に関する記事を掲載しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイオキシン

以前の会社でダイオキシン除去作業をしました。
日本国内で2番目に(1番目をやりたかった)

会社の上司がやってみるか?

私は即やる
作業員はヤダ・やだ・ヤダ

私やろうよ・・・・
説得の末やる事に(作業員には申し訳ないと思っています)

作業場所は埼玉県とある場所(秘密)

そこの場所はダイオキシン濃度は12000pg
1pg(ピコグラム)1兆分の1g
1pg、確か習ったのが東京ドームに水を一杯にして角砂糖を一つ入れてかき回しして
その水の1gの濃度だったような(間違っていたらスミマセン)


このような仕事をする場合は
まずは、自分にどの位のダイオキシンがあるかどうか調べます。
血液検査です。

血液採取・結構取られました、

まずは、太い針を右腕に刺し
そこに試験管みたいな物を挿します(説明が難しい)
試験管は真空らしいので、強制的に血液が取られます(結構怖いです、血液がピュ~と取られます)
私は眼を閉じて我慢していました、(笑)痛くは無いのですが・・・何か気持ちがわるです・・・

この、検査が高いんですよ一人1回25万です。ダイオキシンを測るだけです。
今は安くなっているかも知れませんね。

次回に

次回、私のダイオキシンがどの位あったか分かります。

この仕事の前に(8年位前にアスベスト除去もやっています、それは暇をみて書きたいと思います。確か書いたような気もします)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanndo.blog21.fc2.com/tb.php/337-6d0d4ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。